【8/3更新】神奈川県横浜市都筑区でタイル外壁の出窓からの雨漏りの修繕工事

2022.08.03

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の工事は横浜市都筑区でタイル外壁の出窓からの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
お客様より「出窓からの雨漏りがする。」とご連絡をいただき、現地調査へ伺いました。

【現地調査】
出窓の天井にかなり大きな雨染みができていて、合板がふやけて剥離している状況でした。

出窓の周囲や上部のタイル外壁にはクラックやタイルの浮きなどもなく健全な状態でしたが、出窓の周囲のシーリングが経年劣化でひび割れや剥離を起こしていました。

鉄筋コンクリートの建物なので、窓は少し大きめに開口し取り付けてあります。しかし隙間をシーリング処理で埋めるので、シーリングが劣化したこの状況では強い雨が吹き付けた時などはかなりの量の雨水が建物内に侵入してしまいます。
このようなケースではシーリングの打ち替えが必要です。
鉄筋コンクリートの建物では、壁のタイル部分に多少のクラックやタイルの浮きがあっても、雨漏りの原因になることは少ないです。ほとんどの雨漏りの原因は、窓廻りやコンクリートの打ち継ぎ目地のシーリングです。
この建物も2階の出窓ですが、外壁などに問題はなく出窓周囲のシーリング処理だけなので、お客様の負担を少なくする為に梯子足場で施工しました。
梯子足場

【対策工事】
まずはマスキングテープを貼り、プライマー処理をしてシーリングを施工します。
  
 

今回は耐久性と密着性を強める為にシーリングの幅を大きめにしました。

外の施工が終わり雨漏りの心配が無くなったので、中の出窓の天井を直します。
天井の合板は剥離していましたが、下地は問題ない状態だったので、耐水合板を上貼りします。
 


その上からクロスを貼って仕上げました。


【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。

【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。



お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080