神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修理工事

2020.08.29

神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りです。残っている棟部材を外して腐食した木桟も取外します。清掃した後、防腐処理済の木桟を、ビス留します。木桟の取付後ガルバリウム鋼板の棟部材を新規に取付ます。雨漏りは発生していましたが、屋根の下地やスレート瓦本体に問題は無かったので屋根の塗り替えで対応することにしましたので次に塗る色に合わせて焦茶色の棟部材を選択しました。棟部材の取付後、スレート瓦本体の塗装を施工しました。

神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修理工事

2020.08.22

神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りです。お客様から二階の天井に染みが出来ていると連絡をいただいたので、伺って屋根に上がってみると強風でスレート屋根の棟の部材が浮いていたり、剥がれて飛んでしまっていました。スレート瓦の場合は勿論、10年毎の塗り替えが必要ですがその時に棟部材の下地の木桟のメンテナンスも必要です。スレート瓦は平らで表面が硬質なので雨が降ると瓦の表面に伝わった雨水が毛細管現象の様に棟部材とスレート瓦の隙間から内部に浸透してしまうので下地の木桟が腐食してしまう場合があります。そのままにしておくと部材を留めている釘が外れてこの屋根の様に風に煽られて浮いてしまったり、飛んでしまったりします。屋根のメンテナンスの時に留めている釘を確認すれば下地の木桟が問題無いかどうかすぐに判ります。この様事も含めて、屋根の塗装は塗装業者では無く、信頼できるけんち業者に施工を頼む方が安心かと思います。

神奈川県横浜市金沢区でセメント瓦屋根の雨漏りの修繕工事

2020.08.11

神奈川県横浜市金沢区でセメント瓦からの雨漏りの修繕工事です。防水シートの施工後、ファイバーグラスの屋根材を葺きます。写真では分かりづらいのですが、やはり屋根の木下地は長年のセメント瓦の重みで撓みが出ている状態でした。場所によっては3cmくらい沈んでいる部分もありました。この状況で、スレート瓦や鋼板屋根材を施工するのは厳しいのではないかと思います。ファイバーグラス屋根材の柔軟性と追従性が最適です。屋根材を葺き上げ棟などのガルバリウム鋼板の部材を取り付けて完成です。この屋根材は仕上がりに厚みが有り陰影も出て上質感が有ります。既存が瓦屋根の場合、葺き替えの時に新しい屋根の質感を気にするお客様も多くいますが、ファイバーグラスの屋根材は瓦屋根にも遜色のない仕上りなると思います。

神奈川県横浜市金沢区でセメント瓦屋根の雨漏りの修繕工事

2020.08.01

神奈川県横浜市金沢区でセメント瓦からの雨漏りの修繕工事です。既存のセメント瓦を撤去して異物などが残らない様にキチンと清掃した後
防水シート防水を敷きます。使用するのは一般的なアスファルトルーフィングシートでは無く改質アスファルト系のシートです。このシートは柔軟性があり耐破断性能も強く耐久性も強く安心です。このシートだけで強い雨でも雨漏りが発生しない様に施工します、軒先の水切部材を取り付けてその上にシートを被せる様にして下から貼り上げます。写真では分かりづらいのですが谷の部分は雨水が集まるので最初に谷に沿って上から下までシートを下貼りしています。棟も両側から貼り上げたシートをそれぞれ折り返して重ね貼りします。

最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.08.29

    神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修理工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.08.22

    神奈川県横浜市港南区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修理工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.08.11

    神奈川県横浜市金沢区でセメント瓦屋根の雨漏りの修繕工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080