【5/31更新】神奈川県横浜市神奈川区で外壁からの雨漏りの修繕工事

2022.05.31

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の工事は横浜市神奈川区で外壁からの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
以前に別の業者での施工不良による建物の修繕工事を施工したお客様から
「また外壁がおかしくなってきた。」
と連絡があり、現調に伺いました。

【現地調査】
 

確かに当社で修繕した外壁の塗装が浮いています。これは壁の下地の珪カル板に雨水が浸透した事が原因と考えられます。
前回の工事では問題はなかったのですが、その後写真の様に修繕した壁の上部に大きなクラックが入ったそうです。シーリングは親戚の塗装屋さんがしてくれたそうです。

クラックの上から塗っただけなので、効果はなく、クラックは埋まっていません。
この外壁も前回当社で外壁の修繕をした時に、当社では下地と珪カル板まで、仕上げは親戚の塗装屋さんが行いました。

珪カル板の浮いている塗装を剥がしてみると驚きです。
塗膜が珪カル板に密着出来ておらず、どんどん剥がれてしまいます。

モルタルの外壁の下地に微弾性フィラーを使用するのは問題ないのですが、
下地が珪カル板の場合は微弾性フィラーもシリコン樹脂塗料も浸透性ではないので、浸透性のシーラーで下地処理をしてから微弾性フィラーの施工をしないと、下地の珪カル板に塗膜が密着しません。今回のように上部の壁に何かしら問題があると密着していない塗膜と壁との間に雨水が侵入しやすくなり、塗膜を浮かせてしまいます。
施工した塗装屋さんが知識を持っていなかったのか、施工手順を省略したのかは判りませんが、塗装工事には幅があり必要な手間をキチンと掛ける業者を選定しないと後々大変な事になります。金額だけが施工業者の選定基準ではないと思います。
そんなわけで今回はシーリングや仕上げの塗装まで当社で施工する事になりました。

【対策工事】
先ずは、今回の原因となったクラックの入ったモルタル壁を切断撤去します。
 

かなりの量の雨水が侵入していたようで、下地の板の腐食がかなり進んでいます。大きなクラックだったので風向きによって雨が吹き付けた時などは、相当量の浸水があったと思われます。
水は小さな隙間から侵入しますが、その小さな隙間ではなかなか蒸発しません。その為一度雨水が入るといつまでも中が湿った状態になるので、木下地のどんどん腐食します。

クラックの入ったモルタル壁のすぐ下の珪カル板を剥がしても同じように下地の板がかなり腐食しています。


悪くなった下地の板を撤去して、間柱などを補強します。

下地の板を撤去した部分には構造用合板を貼って補強します。

構造用合板の上に厚みを合わせた珪カル板を貼り、目地や基礎のモルタル壁との間をシーリング処理します。

この時に既存の壁とは、若干の不陸がでてしまいますが、これは工場で正確な厚みに作られた珪カル板と現場で職人が手作業で施工したモルタル壁なので仕方がありません。

確かに既存と同じ工法でモルタルで仕上げる事も出来ます。しかし既存のモルタル壁を切断した断面に新しく施工したモルタルが密着することはありません。
既存のモルタル壁の不陸に合わせて手作業で塗る事になるので継ぎ目は目立たなく見せることが出来ます。しかし新しく施工したモルタルが乾燥してくると必ず肌別れし、雨漏りの原因にもなります。

このような理由で、当社は既存がモルタル壁の修繕工事には珪カル板を使用します。

塗装工事に移ります。
まずは周辺をキチンと養生し、前回の塗装屋さんが施工しなかった浸透性のシーラー処理から始めます。この施工で次の工程の塗膜がキチンと密着し、剥がれる事を防ぎます。


シーラーが乾燥したら、微弾性フィラーでパターンを付けます。

微弾性フィラーの表面が乾燥して固まったら、既存の色に合わせて調色をしたシリコン樹脂塗料で仕上げます。
今回は3回重ね塗りをしました。
 
  


既存の色と若干違う様に見えますが乾いてくると調色に使った黒が出てきますので、近い色になります。

これで完了です。
多少の不陸はありますが、既存壁との取り合いはシーリング処理をしてあるので隙間ができることもなく、珪カル板を使用しているので後々クラックが発生する心配もありません。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。

【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。

【5/16更新】神奈川県横浜市港北区でベランダからの雨漏りの修繕工事

2022.05.16

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回は横浜市港北区でのベランダからの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
以前に外壁の貼り替えと1階の屋根の葺き替えを施工させていただいたお客様から、
「別の場所から雨漏りがしている。」
との連絡をいただき、現調に伺いました。

【現地調査】
ルーフバルコニーの下の部屋の壁にかなりの雨漏りをしていました。

上のルーフバルコニーに上がって原因の確認をしたところ、
多少の経年劣化は見受けられるものの、床面や立ち上がりのFRP防水にはクラックや剥離などもなく、問題はありませんでした。
手摺りもスレンレス製のしっかりしたもので問題はなかったのですが、手摺りの取付部分のフランジとボルトから雨水が侵入していました。

この場合、一度手摺りを取り外し、立ち上がり壁の笠木の改修が必要です。
お客様に確認したところ、このルーフバルコニーは使用することがないので、手摺りを再度取り付ける必要はないとのことで安心しました。
現状の手摺りの取付部分の形状からどうしても上向のボルトで留めなくてはならないので、どのように処理をしても雨漏りのリスクが残るためです。

【対策工事】
まずは、問題のステンレス製の手摺りと笠木を取り外します。
  
 

笠木の下は薄い壁用のアスファルト防水シートを貼ってあるだけで、手摺りの取付部分に雨漏りの痕跡もあり、腐食も始まっていました。
幸い取付部分の強度を出す為に比較的と大きな角材(桁)を使用していたので、取り替えまでの必要はありませんでした。
このままでも新しい笠木を被せる事は可能で、実際にそうする施工業者もいますが、今回は仕上がりと強風で吹き込む雨への対策として既存の下地を改修します。
笠木の取付部分の不陸補正と手摺り取付部分の腐食の補強に構造用合板を貼ります。
今回は置き場の整理で見つけたパネコートを貼りました。コンクリート型枠用なので表面に防水処理が施されています。笠木の下地になり仕上がりにも影響するので、ビスを使用してしっかりと既存の下地に留めます。
 
この構造用合板の上にガルバリウム鋼板の平板を貼り、外壁側と防水の立ち上がり側を防水テープで塞ぎます。
 

この施工方法では、上に被せる新しい笠木を留めるのにビスや釘などを使用して穴を開けることはありません。そのため万が一、昨今の猛烈な台風で笠木の折下りと外壁や防水の立ち上がり壁との隙間から雨水が侵入することを防げます。
最後に寸法に合わせて加工した、ガルバリウム鋼板の笠木を取付ます。今回は折下りを既存の倍の寸法で作りました。シーリング材と両面テープを使用します。
下地を造る時に最後の仕上がりを考えて造っているので、仕上がりもスッキリと綺麗に釘なども使用せずに、隙間の処理も万全です。
  
お客様には「下地の施工も含め、仕上がりも綺麗でこれで安心だ。」
と評価していただきました!

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。

【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。

【5/9更新】神奈川県横浜市神奈川区での雨漏りの修繕工事

2022.05.09

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回は横浜市神奈川区での雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
今回は以前雨漏り修理をさせていただいたお客様から、
「別の場所から雨漏りがするようになった。」
と連絡があり、現調に伺いました。

【現地調査】
洋間の窓側の一段下がった天井に雨漏りの痕跡がありました。
かなり以前から雨漏りが発生していたようで、長い間雨漏りが繰り返されたことにより、合板の天井板に雨水が溜まり歪みが出ていました。
繰り返す雨漏りにより歪んだ天井板

ちょうど隣の部屋の収納スペースに屋根裏の点検口がらあるとのことで、屋根裏に上がって原因の確認をしました。
今回は屋根本体では無く、軒天の壁際から浸水していました。

今回のお宅は高台に建つ片流れの屋根の建物で、棟側が庭になっていて開けています。その為風のある雨の日には、軒天にまで雨が吹き付け、軒天を伝い、壁際から浸水している様です。
また以下の写真のように軒天に貼ってあるケイカル板の隙間からも雨水が浸水しているようです。


【対策工事】
軒天の壁際とケイカル板の隙間をシーリング処理します。
養生テープでマスキングをして、プライマーを塗りシーリングを充填します。

 
 
ヘラでならして、テープを剥して完成です。
  

片流れの屋根の形状の建物での雨漏り修理を何軒も経験しましたが、棟側に取り付けてある鋼板部材の形状や取り付け方の不都合で雨漏りが発生している場合が殆どでした。
しかし今回のように屋根材や棟などの不具合ではなく、軒先からの雨漏りのケース初めてでした。

雨漏りは通常あってはならない、ある意味異常事態です。決まり決まった原因や法則で発生するとは限らず、常に色々な原因や場所を確認しなければならないと改めて実感しました。

またこちらのお宅で二階のベランダの下の部屋にも雨漏りがしているとの事で確認をしました。
こちらは散水調査の結果、雨漏りが発生している天井の真上のベランダの木製一筋の角の外壁や床との取り合い部分に隙間があり、そこから浸水していました。
  
対策工事としてシーリング処理を施しました。

修理をした2ヶ所とも後日の風の強い雨の日でも、雨漏りの発生はなかったとのご連絡をいただき安堵しました。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001

お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。


最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.31

    【5/31更新】神奈川県横浜市神奈川区で外壁からの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.16

    【5/16更新】神奈川県横浜市港北区でベランダからの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.09

    【5/9更新】神奈川県横浜市神奈川区での雨漏りの修繕工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080