神奈川県横浜市瀬谷区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2020.09.26

神奈川県横浜市瀬谷区でスレート瓦屋根からの雨漏りです。お客様から連絡をいただき屋根の現調に伺うとかなり大変な事になっていました。築20数年の建売住宅ですが、一度もメンテナンスをした事が無いとの事でスレート瓦の表面は塗膜が殆ど取れてしまい、風化して粉を吹いている状態でした。棟の鋼板部材には錆が発生して、雨漏りの直接の原因は棟の下地の木桟が腐食して風の強い日に剥がれしまった事でした。スレート瓦の劣化の程度からも中に雨水が侵入していると思われますが、勾配の強い屋根なので、室内までは入って無い様です。応急処置をしたかったのですが、屋根の勾配が強い事とスレート瓦の表面がザラザラで滑ってしまい、屋根に上がる事さえ不可能な状況なのでお客様に説明して、転落防止用の作業足場を架けて、屋根全体を葺き替える工事をさせていただく様にしました。やはりここまで劣化してしまうと塗装工事では品質の確保は難しく、下の防水シートや屋根の木下地の状態も心配なので、スレート瓦を撤去して、下地からの確認が必要です。後々を考えるとお客様にとってもその方が最善だと思います。スレート瓦は10年以内の塗り替えと15年以上経過したら棟部材の下地の木桟の取り替えが必要です。

神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りの修繕工事

2020.09.19

神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りの修繕工事です。既存ベランダの撤去後、建物の躯体の確認、補修をしてから壁を復旧します。今回は、同じ柄のサイディングが廃番であり、躯体の補給に構造用合板を上貼したりしたので、撤去後の開口部を被せる様な形で無機質板を貼り補修しました。四方の端部をシーリング処理して既存な外壁と同じ色を塗れば終了です。後日、アルミべの取付の時もこの上貼部分に取付用の厚い構造用合板が下地になっているので施工もし易く安心です。躯体のベランダはどうしても定期的なメンテナンスが必要になってくるので、忙しいお客様には後付のアルミベランダの方がメンテナンスの必要も無く安心かも知れません。近年のアルミベランダは種類めた豊富で品質も良く、見た目もお洒落で豪華なものもありますので躯体付のベランダと比較しても遜色は無いと思います。

神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りの修繕改修工事

2020.09.12

神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りです。お客様からかなり以前からベランダが雨漏りをしていて最近ベランダの床が柔らかくなってきて歩くと床が抜けそうな感じだと連絡が有り現調に伺うと、かなり酷い状態でした。床面の防水はクラックが多数入り雨水が下地に浸水して腐食が進んでいます。内部に浸水しているので湿気がこもり袖壁の下地にも腐食が広がり表面のモルタル壁にクラックが入り、そこからも雨水が入り更に下地を悪くする状態でした。
もう、これは補修とか修理ではとても対応できるものでは有りませんでした。ベランダの軒天を開口してお客様に内部の状況を確認していただきながら説明して納得していただき、ベランダ全体を撤去する事にしました。これだけ腐食しているとベランダの荷重に耐えられる補強は難しく、腐食が建物本体の躯体にまで進行する可能性が有りましたので他に選択肢は有りませんでした。作業用の足場を設置してベランダ全体を撤去します。写真では分かりづらいですが、内部の木下地は腐食で溶けて泥の様になってしまっている部分が多数ありました。

最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.09.26

    神奈川県横浜市瀬谷区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修繕改修工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.09.19

    神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2020.09.12

    神奈川県横浜市旭区でベランダからの雨漏りの修繕改修工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080