【10/28更新 横浜市泉区での雨漏りの修理事例】銅板桟葺屋根からの雨漏り

2021.10.28

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の現場は横浜市泉区のお宅の銅板桟葺屋根からの雨漏り修理工事です。

【お問い合わせ内容】
「銅板の屋根から雨漏りがする。」

銅板の屋根は劣化がなく半永久的に長持ちすると言われていますが、その銅板屋根から雨漏りがしたと連絡があり現場へ急行しました。

【現地調査】
早速現場へ伺い調査開始です。
屋根に上がってみると
【横浜市泉区での雨漏りの修理】現地調査の様子② 【横浜市泉区での雨漏りの修理】現地調査の様子①

【横浜市泉区での雨漏りの修理】現地調査の様子③

全体的には何の問題もないように見えます。
銅板特有の緑青で綺麗な緑色に変化しています。
他の素材で良く起こる軒先や内樋の腐食なども見受けられませんでした。

【雨漏り発生の原因】
お客様に室内の雨漏りが発生した箇所を確認させてもらい、再度屋根に上がりその近辺を確認すると下の写真な様に小さな穴を見付けました。
【横浜市泉区での雨漏り修理事例】銅板屋根のテレビアンテナの穴
以前に使用していたテレビのアンテナの後だと思います。
銅板は、非常に柔らかな素材なので、アンテナの足のように細い物が当たると穴が空きやすいです。
穴が開くことを防ぐために硬質のゴム板などを屋根と足の間に挟むと良いのですが、
今回のお客様宅は直に足を置いていたため、長年のうちに柔らかい銅板に足が食い込み、穴が空いてしまったようです。
【横浜市泉区での雨漏り修理事例】銅板屋根の施工不良箇所

その近辺の棟にも上記の穴を発見しました。
こちらは当初からの施工不良のようです。。。

折り返しの重ね部分を切り過ぎてしまったので、重ねが足りず穴になってしまっています。
コーキング剤で塞いでいたようですが、既に取れていることが分かります。
そもそもコーキング剤の施工も雑です。

せっかく高級な銅板素材の屋根なのにこの様な施工では大変残念です。
やはり施工業者の見極めは、非常に大事です。
どれだけ良い素材を使っても、素材や工法を熟知し、正しい施工をしなければ結局トラブルのもとになってしまうからです。

【修理工事】
今回は”機能性とコストパフォーマンス”を重視した、改修工事を提案しました。
屋根の勾配を考え、ガルバリウム鋼板の波板葺きです。

内樋部分はなるべく継ぎ目が出ないようにガルバリウム鋼板の加工品では無く、既存の寸法に近い雨樋を利用する事を提案しました。

作業内容と金額にご納得いただき、いざ施工開始です。

屋根の勾配が緩く内樋で軒先からの転落の心配がなかったので、予算的なお客様の要望を踏まえ、今回は安全対策の足場の設置をしないで施工しました。※通常は足場は必ず設置しています。

まずは、内樋の改修からです。
既存の内樋の中に既成の塩ビ製の角樋を設置します。

既存の銅板の加工品に比べて、継ぎ目を少なくすることがメリットです。
ジョイントやコーナーの部材も豊富にあるので、それぞれを接着剤を使用繋げることで雨漏りの心配がありません。

設置した角樋の内側は、既存の桟葺屋根の軒先の内側に入れ込みます。
外側は既存の立ち上がり部分にシーリング処理を施します。

これで、内樋は万全です。
【横浜市泉区での雨漏りの修理】内樋の修理工事後の様子① 【横浜市泉区での雨漏りの修理】内樋の修理工事後の様子②

次に、屋根の下地の造作をします。
既存の桟葺屋根の瓦棒を取り外し、ドブの立ち上がりを折り返し、構造用合板をビス留めします。

【横浜市泉区での雨漏りの修理】屋根の下地の造作③ 【横浜市泉区での雨漏りの修理】屋根の下地の造作②【横浜市泉区での雨漏りの修理】屋根の下地の造作①

既存の棟は銅板も木下地も問題の無い状態だったので、今回は無理をして取らず残しました。
構造用合板の屋根下地ができ、その上に防水シートを貼ります。
ガルバリウム鋼板の波板葺なので雨水の侵入の心配は有りませんが、結露対策のための防水シートです。
たわみのないように下からキチンと重ねを確保して貼り上げます。

【横浜市泉区での雨漏りの修理】結露対策の防水シート施工④ 【横浜市泉区での雨漏りの修理】結露対策の防水シート施工③【横浜市泉区での雨漏りの修理】結露対策の防水シート施工② 【横浜市泉区での雨漏りの修理】結露対策の防水シート施工①
これで雨が降っても雨漏りが発生する事は、有りません。
いよいよ、ガルバリウム鋼板の波板を施工します。
波板と聞くと、あまり良いイメージを持たないお客様もいますが、今の波板はガルバリウム鋼板製品で錆や腐食の心配も無く、表面も焼き付け塗装の様に綺麗です。

長さを施工する屋根に合わせて作製する事が出来るので縦方向の継ぎ目はありません。
横方向は山と谷を重ねるので、雨水が浸透しにくい構造なので安心です。

単位面積当たりの重量も非常に軽いので、カバー工法でも建物への負担を最小限に抑えることが出来ます。
仕上がりはこんな感じです。

【横浜市泉区での雨漏りの修理】雨漏り修理後の仕上がり④ 【横浜市泉区での雨漏りの修理】雨漏り修理後の仕上がり③【横浜市泉区での雨漏りの修理】雨漏り修理後の仕上がり② 【横浜市泉区での雨漏りの修理】雨漏り修理後の仕上がり①

キチンと施工すれば、

  • 美しい外観
  • スレート瓦などに比べて雨漏りのリスク可能性が圧倒的に低い
  • 軽量で既存下地への負担も少ない
  • カバー工法で施工すれば、既存の屋根よりも断熱や防音の効果もアップ
  • ローコスト

こんなにメリットがあるものです。

お客様もこれで長年の雨漏りの心配から解放されると喜んでいただけ、特に外観に満足されていました。


【まとめ】
良い施工会社の見極め方とは?

今回のご相談者様のように、品質の良い屋根素材を選ばれていても施工が雑だったり、ちょっとした知識がないことが原因で発生する雨漏りや屋根の破損は非常に多いです。
コスト削減のため下請けに施工させている業者さんなどでは、職人のコントロールや管理が行き届かないため施工不良が起きやすいように感じます。
建物の構造を理解し、経験のある技術者であればこういったことは起きないのですが、一般のお客様には判断がつかないですよね。
心配な時は複数社にご相談されることをおすすめします。

さまざまなご相談を受けている中で、施工業者のお客様への説明不足を感じます。もちろん良い施工業者は丁寧に説明をしてくれますし、お客様の質問にも分かりやすく答えてくれます。
雨漏りや屋根修理など生活に直結する工事は慌てて頼んでしまうことが多いですが、そうならない為にも早めの相談をすることをお勧めします。


【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。

ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。

【10/24更新 横浜市金沢区での雨漏りの修理事例】屋根の破風と軒天の雨漏

2021.10.24

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の現場は横浜市金沢区のお宅の二階屋根の※破風と軒天の修理工事です。
※破風(はふ)・・・日本の特有の建築で、切妻屋根の端につけた山形の板(がついた所)を指します。


【お問い合わせ内容】
二階の屋根自体は以前に葺き替え工事をして問題無いのですが、その時にやらなかった破風と軒天がかなり劣化してきたので修理を頼みたい。

こんなご依頼でした。

【現地調査】
早速現場へ伺い調査開始です。
外観はこんな感じでした。

屋根の妻側の部材と破風の鋼板カバーの間にもう一枚鋼板を被せてありますが、なぜか隙間だらけでたわんでいます。
この隙間やたわみから雨水が侵入して軒天が悪くなっているようです。
鋼板カバーを外してみると、中はこのような状態でした。
【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の中 【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の中

【雨漏り発生の原因】
やはり鋼板カバーのたわみから雨水が侵入していました。
鋼板カバーの中の木製の破風が雨水を吸い、腐食しています。
さらに破風の内側に侵入した雨水が軒天にまで廻り、軒天の合板も腐食しています。

【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】軒天の腐食 【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】軒天の腐食
上の写真のように、妻側の破風側の腐食が激しいです。
このままでは見た目も悪く、また雨水の侵入は建物の躯体に悪影響を与える可能性があるので早急な対処が必要です。

【修理工事】
破風の鋼板カバーとその上に取り付けてあった鋼板の平板を外します。
驚くことに鋼板の平板部分に下地がありませんでした!どうりでたわむわけです・・・

【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の2枚の鋼板カバーを外した状態

まずは腐食していた破風の下側部分を切断・撤去します。

【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の下側を切断撤去した様子

切断撤去した破風板と同じ厚みの防腐処理済みの木桟をビス留めします。

【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】防腐処理をした破風板の取り付け

その上に全体に構造用合板を貼ります。
【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の上に構造用合板の貼り付け 【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の上に構造用合板の貼り付け
これで下地は万全です。
上の写真の様に鋼板の平板の加工品を材料として使用する場合は、キチンと下地をつくる事が必要です。
いくら丈夫なガルバリウム鋼板の平板でも下地がなければ、やがてたわみが出てしまい、そこから雨水が侵入します。
鋼板自体は腐食はしなくても、下地の木部を腐食させたり雨漏りの原因になってしまいます。

キチンとした下地の造作が終われば、ガルバリウム鋼板の破風カバーの取り付けができます。
【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の修理後の外観 【横浜市金沢区での雨漏り修理事例】破風の修理後の建物外観

破風の修理完了後、雨漏りの心配がなくなりました。
続いて軒天の改修工事をします。
既存の軒天に無機質板をエアタッカーと接着剤を使い上貼りします。
ます。貼りながら壁際と破風側のテープ養生をし、隙間をシーリング処理します。

【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】シーリング処理の様子② 【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】シーリング処理の様子① 
【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】シーリング処理の様子③ 【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】シーリング処理の様子④

この作業をしない施工業者も多いのですが、シーリング処理を施すことで、
新しく貼った軒天の無機質板とモルタル壁のデコボコの隙間が埋まり塗装後の仕上がりが断然良くなります。

破風と軒天の改修工事の終了後、改修部分と外壁の塗装工事をします。

【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】外壁の塗装工事の様子① 【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】外壁の塗装工事の様子② 【横浜市金沢区でも雨漏りの修理】外壁の塗装工事の様子④
塗装工事の修理後に雨樋を新しく取り付けて全体の工事が完成です。

【まとめ】
良い施工会社の見極め方とは?

今回のご相談者様のように、下地処理がされていないことが原因で発生する雨漏りや屋根の破損は非常に多いです。
コスト削減のため下請けに施工させている業者さんなどでは、職人のコントロールや管理が行き届かないため施工不良が起きやすいように感じます。
建物の構造を理解し、経験のある技術者であればこういったことは起きないのですが、一般のお客様には判断がつかないですよね。
心配な時は複数社にご相談されることをおすすめします。

さまざまなご相談を受けている中で、施工業者のお客様への説明不足を感じます。もちろん良い施工業者は丁寧に説明をしてくれますし、お客様の質問にも分かりやすく答えてくれます。
雨漏りや屋根修理など生活に直結する工事は慌てて頼んでしまうことが多いですが、そうならない為にも早めの相談をすることをお勧めします。


【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。

ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。


【10/13更新 横浜市中区での雨漏り修理事例】一階の屋根の壁際からの雨漏り

2021.10.13

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の現場は横浜市中区のお宅の一階屋根の壁際からの雨漏りです。
「台所の天井から雨水が落ちてきた。」
とお問い合わせが有り、現調に伺いました。

【現地調査】
今回が初めての雨漏りだったので天井に染みなどは出来ていませんでした。雨漏りは気が付いた段階で相談をされたほうが工事も軽く済み、費用も抑えられます。
雨漏りの位置をお客様に確認して、実際の屋根に上がってみました。



上がって位置を確認する写真の上辺りです。
築年数が古い建物だったので、増築などをしたのか屋根が複雑な形になってるのがわかります。

【雨漏り発生の原因】

増築の場合は、既存の建物の屋根や壁の状態で様々な制約があるので仕方がないのですが、この屋根の様に棟を壁際ではなく、壁際から離して設置して壁際に谷を造る様な形状はおすすめできません。

この形よりもできるだけ壁際に棟を設置する形状が良いです。
壁際に棟があれば、そこが頂点になり軒先に向かって雨水が流れるので、雨漏りが発生しにくいのです。

ただ増築の場合は、今ある外壁に屋根を接合させる場合が多いです。その為どうしても壁際の水切部材などを壁中に差し込む事が難しく、既存外壁に接合させるだけになってしまうのです。そしてこの建物の屋根の様に外壁から棟を離して設置してしまうと、壁際を雨水が大量に通る事になってしまうので雨漏りの発生の危険度が高まります。

もちろん一階の増築の場合は、二階の窓などの高さや一階の天井の高さの確保の為に壁際に棟を設置出来ない場合もあるので仕方の無い場合もあります。
この建物もその様な事情で壁際に雨水が通る谷を作る構造になっていました。



上の写真は、既存の谷部材の壁際です。
立上がり部分の上部が切りっぱなしで折り返しがない物を外壁に取り付けています。

折り返しがないのでたわみやすいです。施工時にたわみがなかったとしても、後々に寒暖差などでたわみが出る可能性があります。
また折り返しがないので、外壁との接合部のシーリング処理もシーリング剤を薄く擦るだけになってしまい、破断しやすくなります。

実際にこの建物でも、谷部材の立上がりの外壁との接合部にたわみが出ていました。その結果、シーリング剤が破断し、そこから外壁に吹き付けた雨水が侵入して雨漏りが起きていました。

【対策工事①】
今付いている谷部材をキチンと壁際の処理に適した加工をした新しい谷部材に取り替える事です。
谷部材に干渉する波板鋼板を撤去し、新しく作成した谷部材を既存の谷部材に被せます。



上の写真の左側が波板鋼板の屋根側になり、右側が今回の雨漏りの原因の外壁との接合部です。
立上がりの上部に折り返しを付け鋼板のたわみを無くし、シーリング剤の付け代も確保します。

新しい谷部材を設置し、谷に被る屋根の波板鋼板を葺き直します。
撤去した波板は、釘を抜く時にたわみが出来てしまい使えません。新規にガルバリウム鋼板の波板を使用します。

  

波板葺きの後、清掃をし埃などが飛ばない様にします。そして新規に設置した谷部材の上部の壁際をシーリング処理を行います。


上の写真のように上部に折り返しを作りました。シール剤の付け代を確保しているので外壁にも谷部材にもしっかりと密着しています。縦横の幅もあるのでシール剤が切れたり剥がれたりする心配もなくなりました。

【対策工事②】
今回はお客様からのご要望で、谷から雨水が流れる先の屋根も万全を期す為に葺き替えました。
まずは既存の波板鋼板を撤去し、下地を補強します。



既存の下地の倍の幅の木桟を間に挟み、ビス留めします。
さらにその上に防水シートを貼ります。



本来であれば、木桟の下に防水シートを敷きます。しかし今回のように改修
工事の場合は、工法や既存の下地によって新規の木桟の上に防水シートを敷く場合もあります。

さらに波板葺きの場合、上下方向の継ぎ目が無く、横方向は山型を重ねます。そうすることで雨水が中に侵入することはないので、防水シートは主に結露対策の為です。
防水シート施工後、軒先の水切部材を取り付け、ガルバリウム鋼板の波板を葺きます。

 

棟と壁際の水切部材を取り付けて、シーリング処理をします。



先程の谷部材とは違い、壁際の水切部材の上を多量の雨水が流れる事はありません。外壁に吹き付けた雨水がスムーズに屋根材に流れるように立上がりは作らず、外壁と水切部材の間にシーリング代を確認して仕上げます。

【まとめ】
良い施工会社の見極め方とは?

今回のご相談者様のように建物の構造上仕方のない施工から発生する雨漏りは少なくありません。
大切なことは”リスクを理解した上で施工を頼んでいるか”だと思います。さまざまなご相談を受けている中で、施工業者のお客様への説明不足を感じます。もちろん良い施工業者は丁寧に説明をしてくれますし、お客様の質問にも分かりやすく答えてくれます。
雨漏りや屋根修理など生活に直結する工事は慌てて頼んでしまうことが多いですが、そうならない為にも早めの相談をすることをお勧めします。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ
お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。

神奈川区横浜市港南区でスレート瓦屋根の雨漏りで葺き替え工事

2021.10.04

横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターの村上です。
先日の台風は被害はなかったでしょうか?
大衆や大雨直後は家の傷みが出やすいのですが、何事も早めの対処が必要です。雨漏りの箇所から腐食が進みますので、屋根に始まり壁や床までどんどん劣化が広がってしまいます。
雨漏り工事や屋根修理は早めの処置で工賃も抑えられます。

本日ご紹介する事例は神奈川県横浜市港南区でスレート瓦からの雨漏りの修理工事です。
10年ほど前に弊社で施工したお客様からのご相談を受け、現地へ急行しました。
屋根に上がって確認すると全体的には問題の無いように見えましたが、スレート瓦に数か所クラックではなく、完全に割れてしまっている部分がありました。

 

屋根の下地のたわみや施工時の釘の締め過ぎなどの施工不良、日当たりなどの屋根の環境問題など色々と考えられますが、原因は特定はできませんでした。
この状態は屋根全体の問題なので部分修理は難しく、葺き替えをご提案しました。
使用する屋根材は、ファイバーグラスの屋根材です。
ファイバーグラスの屋根材は、スレート瓦や鋼板の屋根とは違い、柔軟性があることが特長です。屋根のたわみや不陸などへの追従性も良く、表面はセラミック処理なので耐候性が高い上にスレート瓦に比べて軽量なので、建物への負担も少なくて済みます。
まずは安全対策の作業足場を設置し、既存のスレート瓦を撤去します。



前回の葺き替えからまだ10年弱なので防水シートにも目立った問題はありませんでした。
ただ、雨水の侵入による湿気の影響か、たわみが多く出ている様でした。

屋根の下地にも雨漏りによる影響は有りませんでした。
次に耐水合板を貼ります。



この施工で屋根の不陸などを矯正します。
耐水合板の施工後、防水シートを貼ります。
たわみや断裂が起きないように注意しながら施工します。

 

防水シートを貼り終えたら、軒先や谷などの水切部材を取り付けます。


写真でも分かるように、谷は両側の屋根からの雨水が集まる場所なので的確な施工が必要です。
この屋根は寄棟の形状なので、軒先と谷の水切部材の取付が終われば、ファイバーグラスの屋根材の施工です。

ファイバーグラスの屋根材の葺き上がった面から棟に防腐処理済みの木桟をビス留めし、ガルバリウム鋼板の棟を取り付けます。

 

谷の部分もこの様になります。
屋根全体の仕上がりは、こんな感じです。

 
スレート瓦に比べて実際の重量は軽くなっているのですが、表面の処理に印影があるため重厚感のある雰囲気に仕上がります。
お客様も屋根の印象が良くなったとお喜びいただけました。



最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.10.28

    【10/28更新 横浜市泉区での雨漏りの修理事例】銅板桟葺屋根からの雨漏り

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.10.24

    【10/24更新 横浜市金沢区での雨漏りの修理事例】屋根の破風と軒天の雨漏

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.10.13

    【10/13更新 横浜市中区での雨漏り修理事例】一階の屋根の壁際からの雨漏り

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080