神奈川県横浜市南区で、スレート瓦屋根からの雨漏りの修繕工事。

2022.03.10

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回は以前に屋根の修理をした横浜市南区のお客様からまた別の場所から雨漏りが発生したとの連絡が有り、現調に行きました。
確認してみるとやはり天井に雨漏りの跡が在ります。

雨漏り 2022310

屋根を確認するとこの様な状態で全体的にかなり劣化がしていました。写真の奥の方は以前にスレート瓦が台風で飛んでしまい当社で修繕をした箇所です。
棟は、その一年位前にやはり台風で飛んでしまい、当社で取替えてあります。



本来スレート瓦は、表面の塗膜で防水性を保っているので、10年毎の塗装工事が必要なのですがこの家の屋根は写真でも分かる様に20年以上そのままでした。
その結果、表面の塗膜が無くなりスレート瓦の素材が出てきてしまっています。

この状態ではスレート瓦が雨水を吸ってしまい素材も劣化してしまい、雨漏りの原因にもなります。

スレート瓦の現状の劣化具合から全体的な葺き替えを勧めたのですが、お客様の都合で塗り替えで対応する事になりました。
スレート瓦の表面の状態が心配ではありますが、お客様の要望なので何とか工夫して、現状発生している雨漏りを治し、スレート瓦も心配の無い状態にしたいと思います。

先ずは、スレート瓦の表面をワイヤーブラシでケレンします。

ケレンとは鉄の部品のサビや汚れを落とす作業です。ここで表面の埃や苔、劣化した塗膜などを取り除きます。
もしケレンを十分に行わなかった場合、仕上がりが悪くなったり、塗料が剥がれやすくなったりしてしまうという難点があります。

本来なら高圧水洗浄の方が楽に作業出来るのですが、雨漏りが発生している為に使用出来ません。





表面の不純物が、無くなりスレート瓦地肌がでてきました。
次にプライマーで下地処理をします。スレート瓦の素材の劣化も始まっていて、表面が荒くなり吸い込みが激しかったので、
プライマーも2回塗りました。
確認し易い様に一回目と二回目のプライマーの色を変えました。
プライマー処理の後、シリコン樹脂塗料を塗ります。
一回目の塗装を施工しながら、雨漏りの発生している箇所の屋根の原因と思われる部分のシーリング処理も施工します。






一回目の塗膜がと施工したシーリング材の乾燥を確認して、二回目の塗装をします。



写真の様に塗膜もしっかり作れ、綺麗に仕上がりました。
勿論、その後の雨でも雨漏りはしませんでした。




【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
特に雨漏り修理はお客様にとっては一大事です。早急に対応する必要があります。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080