神奈川区横浜市保土ヶ谷区で洋風瓦屋根からの雨漏り

2020.10.31

神奈川区横浜市保土ヶ谷区で洋風瓦屋根からの雨漏りです。


下から見ると本瓦なのでまだ表面の具合も問題無く綺麗な状態です。
屋根に上がってみても何の問題も無い様に見えますが、瓦は非常に重たく屋根下地への負担が大きく、長年のうちに屋根の野地が母屋や垂木の有る場所と無い場所で撓みが出てしまう場合が有ります。
ちなみに、野地とは瓦を置いてある屋根全体の下地の板(合板)の事です。母屋は柱や桁などと同じく屋根の構造材の事です。垂木はその上に斜めに取り付け、野地板の下地となる角材の事です。
この家の屋根にも目では分かりづらいのですが瓦と瓦の重ね部分を確認すると場合によっては隙間が大きく、手で押すと微妙にカタ付き座りが悪い箇所がかなり有りました。
瓦は一枚一枚が大きくはないので重ね部分も多く、硬い素材なので少しでもズレると隙間が空いてしまい。風が強い時の雨のや雨の降水量が、多い時などに雨漏りが発生してしまう様です。
気を付けたいのは、大雨の時にしか雨漏りを起こしていないのでは無く、瓦に隙間があるのですから雨が降ればいつも多少なりとも雨水が建物内に入ってしまっている事です。
室内の壁や天井に雨水が廻って来なくても、屋根下地には侵入しています。
水は小さな隙間からでも侵入しますが、小さな隙間ではなかなか乾燥しません。そして、屋根の下地や建物の躯体を腐食させます。
この家の、お客様にも以上の状態を報告と説明をして理解頂き、屋根の葺き替え工事をする事になりました。
先ずは、安全対策の足場の設置です。

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2020.10.24

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。防水シートやガルバリウム鋼板部材の施工が終わり、ファイバーグラスの屋根材を葺きます。この屋根材は釘と接着剤の併用で施工します。重ねに接着剤を使用している事で雨水の侵入を防ぎ、強風などで剥がれる事を防ぎます。また表面はセラミック処理で耐候性能も高く、柔らかい素材なので葺き替えの場合などの屋根の微妙な撓みなどにも追従するので安心です。以上の事から勾配の少ない屋根にも問題無く使用出来ます。仕上がりは厚みの有る感じで質感も有り屋根の雰囲気も変わりました。お客様にも喜んで頂き、安全対策の足場を利用して外装の塗装工事もさせていただきました。

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2020.10.17

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。お客様に現状を説明して納得して頂き、葺き替え工事を施工する事になりました。今回も勾配の少ない屋根の形状と寄棟である事、谷が有る事などを考慮してファイバーグラスの屋根材を提案しました。先ずは既存の鋼板屋根材を撤去して、下地補正の耐水合板を貼り、防水シートを敷きます。防水シートは勾配の少ない事を考えて一般に使用するアスファルトルーフィングでは無く、改質系の防水シートを使用しました。この防水シートはゴム質のシートを繊維質を挟み何層かに仕上げたもので防水性も耐久性も強い優れたシートです。防水シートの施工後、軒先や谷などのガルバリウム鋼板部材を取付ければ、ファイバーグラス屋根材の施工です。

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2020.10.10

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。お客様から「何年か前に鋼板の横葺屋根に取り替えたがその後、強い雨の時に下の天井に雨染みが出来る様になり、施工業者は勿論の事、何軒かの雨漏りの修繕業者にも来てもらったが一向に治らない。」との問い合わせを頂き、現調に伺いました。天井の雨染みの位置を確認して屋根に上がってみると位置的には屋根の寄棟の頂点か少し下がった辺りですが、その近辺に問題が有りそうな箇所は確認出来ませんでした。雨漏りの発生している周辺は業者によりシーリング処理が施工されて、最後の業者により棟は新しく規格の物より一回り大きなものに付け替えられていました。これでも雨漏りは改善されていませんでした。他の業者の施工のお陰で棟や取り合い部分のシーリング処理などでは治らない事が判明していましたので、最終的に屋根の葺き替えを提案しました。勾配の少ない屋根なので鋼板の横葺屋根のように重ね部分に雨水が入り溜まってしまう形状の屋根材では溜まった雨水が外に出ず横に走って、棟の下の切断面から屋根下地に直接滴ってしまっている事が、考えられました。これを防ぐには、葺き替えの一択しか有りません。屋根材はアルミ製で耐久性も良く高価な物でまだまだ使用出来そうでしたが、雨漏りをしていれば何の意味も有りません。

神奈川県横浜市瀬谷区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2020.10.08

神奈川県横浜市瀬谷区でスレート瓦屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。屋根下地補正の耐水合板の上貼り後、防水シートを敷き、ガルバリウム鋼板の軒先と袖の部材を取り付け、ファイバーグラスの屋根材を葺きます。補正の耐水合板を貼ってある事で防水シートを留めるステップルの効きもファイバーグラスの屋根材を留める釘の効きも格段に良くなり材料の下地への馴染みも良くなります。写真でも解る様に勾配も急でかなり複雑な形状の屋根なので各部の取り合いも多く割と手間が掛かりますが、ファイバーグラスの屋根材は切断加工も比較的容易で屋根下地や部材への追従性も良く、この様な形状の屋根には最適です。以前のスレート瓦使用の時よりも無理なく各部の取り合いの処理が出来ました。これでこの先長年の間、雨漏りの心配も無く、安心して過ごして頂く事が出来ます。

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080