【7/27更新】神奈川県横浜市保土ヶ谷区で桟葺鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2022.07.27

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の工事は横浜市保土ヶ谷区で軽桟葺鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。

【お問い合わせ内容】

「軽量鉄骨のプレハブ構造の建物の二階の屋根からの雨漏りがする。」
とお客様から連絡を受け、現場へ急行しました。

【現地調査】
早速現場を拝見すると2階の和室の天井に雨染みが出来ていました。
和室の天井の雨漏りのあと

雨漏りがある付近の屋根に上がって確認をします。比較的築年数の経っている建物で、屋根の勾配が少ないサンコー式という桟葺屋根でした。
亜鉛鋼板を専用の工具で折り曲げて施工する屋根であり、材料は比較的厚みのある鋼板を使用しますが、とにかく勾配が少ない点が特徴です。そのため雨水の走りが悪くちょっとしたたわみでも雨水が溜まりやすく、そこから腐食したり、雨水が浸透して雨漏りの原因になったりします。
 

残念ながら部分補修が出来ない屋根材なので、全体の改修工事を行います。
写真から分かるように勾配が少ないので、スレート瓦や鋼板横葺屋根、ファイバーグラスや今と同じ様な桟葺でも雨水の走りや軒先の吸い上げを考えると心配です。
そのため当社ではこの様な屋根の形状の場合には、ガルバリウム鋼板の波板葺きを勧めています。
ガルバリウム鋼板は屋根材自体に強度があるので、屋根下地が比較的簡易な仕様で済むことから費用を抑えられます。また施工する屋根の流れの寸法に合わせて材料をカットが可能なので、縦方向の継ぎ目を最小限に抑えられ、横方向の継ぎ目は波型を重ねるので雨水が侵入し難いようにできるなど利点が多くあります。

【対策工事】
まずは下地の施工です。
屋根材自体に強度があるので全体に野地板などの下地が必要では無いので、45cm間隔に木桟をビス留めします。使用する木桟は防腐処理済の材料です。

 
雨水を吸い上げ腐食して穴の空いた軒先も切断撤去します。
 
袖側の破風の下地も腐食していたので補修と補強をします。
 

下地が完成したら、ガルバリウム鋼板の波板を施工します。
この建物のように勾配が少ない切妻屋根の場合、波板が馴染むので棟を造らずに施工する事が可能です。そのため勾配の少ない屋根によくある、棟からの雨漏りの心配もなくなります。

袖側もガルバリウム鋼板の部材を施工します。
 

ガルバリウム鋼板の波板葺きの場合、お客様によっては見た目の点であまり好まれない場合もあります。しかしキチンと施工すれば、写真のように綺麗でスッキリと仕上がり、雨漏りのリスクを限りなく0にできます。
勾配の少ない屋根でも雨水が谷に集まり流れやすくなり、軒先の折り返しもないので、雨水の吸い上げもなくなるからです。またガルバリウム鋼板なので腐食の心配もなく、費用も他の屋根材に比べ安く抑えることが出来ます。
どんな屋根でも対応出来ますが、特にこの建物の様に勾配の少ない屋根にはとてもお勧めです。

屋根が完成したら、やはり雨水の浸透で腐食した軒側の破風を構造用合板で上貼り補給をしてガルバリウム鋼板で加工した破風を取り付けます。
 
最後に雨樋を取り付けて完成です。


【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。




【7/20更新】神奈川県横浜市戸塚区で地下室の天井からの雨漏りの修繕工事

2022.07.20

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の工事は横浜市戸塚区で地下室の天井からの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
以前に2階のベランダからの雨漏りの修繕改修工事を行った個人宅のお客様より
「地下室の天井から雨漏りがする。」
と連絡があり、現場へ急行しました。

【現地調査】
こちらの住宅は比較的大きな軽量鉄骨造で、鉄筋コンクリート構造の地下室があります。現地で天井材を外して中を確認すると、たしかに上部のコンクリートの躯体に雨漏りの痕跡がありました。
雨漏りの痕跡のあるコンクリート造りの天井

写真では分かりづらいですが、レンガ調のクロスが貼られ柱型になっている部分があります。この部分は地上1階と2階の通し柱になっている重要な柱です。
1階は玄関ポーに繋がっており、外から見るとこんな感じです。
地下から2階まで続く通し柱

奥まった造りになって庇と2階部分の軒天があり、風が強い雨降りでなければとポーチが濡れることはなさそうです。
ポーチの柱の近辺に散水をし調査をすると、やはり地下室の天井に浸水しました。
  

玄関前の歩行部分なので、ウレタンなどの防水を施工するのではなく下地を修正し防滑シートを施工する方法を提案しました。マンションの共用廊下などに使用する施工です。
このポーチの寸法ではシートを繋ぎ合わせる必要はなく一枚のシートでカバーすることが出来ます。そのため外部でも雨が吹き込まないと濡れることのない場所であれば、防水層を作らなくても、この程度の雨漏りの症状なら充分に対応できます。これなら防水層の分の費用も掛からないので。費用的にも工期的にもお客様の負担が少なく済みます。

【対策工事】
まずは、土間コンクリートのひび割れや不陸、欠損部分の補修と補正をする為に、カチオンモルタルを施工します。
この時に密着性や耐用年数を保つ為に既存の土間コンクリートを充分に乾燥させてからの施工を行うことが重要です。鉄骨の通し柱とコンクリートの接合部はシーリング処理をします。

カチオンモルタルがキチンと乾燥したのを確認して、防滑シートを施工します。この時に細かいゴミや空気などを挟まない様に注意しながら、慎重に施工します。
基礎との接合部を専用のシール材でシーリング処理をして、端部をアルミ部材で押さえて施工終了です。鉄骨の柱の周囲のモルタルにはウレタン塗膜防水をして、柱はウレタン樹脂塗装をしました。
 

全体の仕上がりはこんな感じです。
雨漏りの修理後

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。



【7/6更新】神奈川県横浜市磯子区でベランダからの雨漏りの修繕工事

2022.07.06

こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回の工事は横浜市磯子区でベランダからの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
お客様から「収納の天井から雨漏りをしているみたい。」との連絡をいただき現調に伺いました。

【現地調査】
収納の天井に確かに雨漏りの跡が残っていました。
雨漏りのあと
お客様の了解を得て、収納の天井を開口して内部を調査しました。
どうやら収納と室内の間仕切りの周辺から雨漏りがしているようです。
 
写真の場所の真上は、ちょうどベランダと室内の出入り口の外壁です。
わりと築年数の経っている建物でしたので、天井や壁などが建物の躯体のコンクリートに直にクロスを貼って仕上げあるので散水調査をしても原因の特定が難しいです。そのためベランダ内の雨漏りの原因となりそうな箇所を全てシーリング処理をして様子を見ていただく事になりました。
換気ドレンフード、袖壁と外壁の接合部や床面の防水の立ち上がり壁と外壁の取り合い部分など、心配な箇所が何箇所かあります。
 


【対策工事】
処理する箇所を全て養生テープでマスキングをします。手摺りの付け根や出入り口のサッシの周辺、電源コンセントなど、雨漏りの原因になりそうな箇所は、全て処理します。
  
 
 
養生テープでマスキングをして、シールプライマーを塗り、シーリング処理をします。
作業をしながら他にも心配な部分がないか確認します。
最初の現調でもしっかりと確認はしますが、後日の時間を掛けた作業をしている時に新たに処理をしておいた方が良い箇所を発見したりする場合があります。
今回も古いビス穴や給湯器の取付ビスなど気になる箇所があったので追加で処理をしました。お客様へお渡ししたお見積りには入れていない作業ですが、雨漏りを止める為に作業に伺っていますので、心配な箇所は全て処理をします。
最後に養生テープを剥がして完成です。
  
  
 
開口した収納の天井は、点検口にとしてきれいに処理をします。

完成後、風と雨の強い日に確認をしましたが、雨漏りの発生はなかったとお聞きしとても安心しました。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】

雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。


最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.07.27

    【7/27更新】神奈川県横浜市保土ヶ谷区で桟葺鋼板屋根からの雨漏りの修繕改修工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.07.20

    【7/20更新】神奈川県横浜市戸塚区で地下室の天井からの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.07.06

    【7/6更新】神奈川県横浜市磯子区でベランダからの雨漏りの修繕工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080