神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2021.05.28

神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。
垂木の補強や既存の野地板の補修の後、構造用合板を上貼りし、防水シートを敷きます。

 

防水シートの施工後、軒先や袖のガルバリウム鋼板の水切部材を取付てファイバーグラスの屋根材を葺きます。
壁際の水切部材は、シーリング処理も施工します。

 

ファイバーグラスの屋根材は、作業性も良く少ない屋根勾配にも対応出来るので、この様に玄関屋根の改修には最適だと思います。
見た目にも質感が有り、良いと思います。

 

神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2021.05.21

神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事です。
以前に2階と1階の屋根の雨漏りの修理で、既存の桟葺屋根からガルバリウム鋼板の波板葺に改修をさせていただいたお客様の家です。
その時はお客様の意向もあり、玄関の屋根はそのままにしてありました。
今回、連絡をいただき伺いますと、玄関屋根の平葺鋼板が腐食して、そこから雨水が侵入して軒天の下地と合板が腐ってしまい、剥がれていました。



軒先の隙間から確認すると、野地板も垂木も軒天の下地もかなり腐食が進んでいる状況でした。
お客様に状況を説明して、現況の丸太の桁や柱など問題の無い部分は出来るだけ生かす様にして、腐食した部分は今後心配の無い様に補強改修をして治す事にしました。
先ずは、軒先の合板を全て撤去して、屋根の軒先や袖部分も鋼板を切断撤去して腐食の具合を確認します。




上の写真の様にかなり酷い状態です。
屋根垂木は、全てを添木補強をして、野地板は軒先の腐食部分を新しい合板に取り替え、新規に野地板を上貼りする事にしました。



上の写真の様に、既存の垂木の両側に新しい垂木を抱かせてビス留めします。軒先は、破風を垂木で補強して、腐食した野地板を撤去して同じ厚みの構造用合板で補修します。

神奈川県横浜市港南区で鋼板屋根からの雨漏りの修理葺き替え工事

2021.05.14

神奈川県横浜市港南区で鋼板屋根からの雨漏りの修理葺き替え工事です。
前回のブログで一階の屋根の葺き替え工事を報告しましたが、今回はその屋根の壁際の処理についてかきます。
この屋根の最初のブログでも説明した様に、前回屋根工事を施工した業者は、既存の屋根の壁際の水切部材を撤去せずにそのまま残して、その下に新規の壁際部材を取付けていたので見栄えも悪く、雨漏りの原因にもなっていました。



上の写真の様に、壁際から入った雨水が屋根材と防水シートの、間を、流れて軒先から内部に侵入して破風から滲み出ていました。
当社の工事では、葺き替え工事の屋根で壁際の処理が必要な場合は、下の写真の様に既存の屋根材の撤去の時に古い壁際の水切部材も切断撤去しておきます。
新規の屋根材の施工後に新規の壁際の水切部材を取付ます。
この部材の立ち上がりを壁の中に入れるのでは無く、既存の壁の上に被せて終わりにする施工をする業者が殆どです。
その場、断熱や、防音の効果は弱くなりますし、数年後の、雨漏りの心配も有ります。

 

この様に壁際部材の取付の後、厚みのある無機質板を水切部材撤去跡の開口部分に取付ます。
この時の施工方法は、開口部分の大きさや形状、既存の壁の状況などを考慮して、上に被せる様に取付けるか、開口部分を塞ぐように貼るかを選択します。
今回の建物のモルタル壁は、厚みが薄く、下地の板も薄かったので、既存壁の屋根際の補強も兼ねて、上に被せて貼りました。
無機質板と既存壁の取り合い部分をシーリング処理をします。

 

上の写真の様にキチンと養生して、プライマーで下処理をして、シーリング材の厚みが出る様に施工します。

 

この様に仕上がります。最後にフィラー材でパターンを付けて、既存の壁と同じ色のシリコン樹脂塗装をして完成です。

神奈川県横浜市港南区で鋼板屋根からの雨漏りの修理と葺き替え工事

2021.05.07

神奈川県横浜市港南区で鋼板屋根からの雨漏りの修理と葺き替え工事です。
既存の屋根材の撤去後、屋根下地には問題が無かったので、下地補正の耐水合板を上貼りします。
また、この作業の前に前の業者が残していた、瓦屋根用の雨押し部材も、機械を使い壁際で切断撤去しています。

 

の作業で既存の屋根下地の撓みや不陸を強制したり、既存の屋根材の撤去跡を補正します。
また、新しい屋根材留まりも良くなります。
この作業をしないで、新規の屋根材を施工する業者も居ますが、工事金額ではお客様の為になるのかも知れませんが、後々の事を考えるとお客様の為にも必要な作業だと思います。
耐水合板の上貼り後、防水シートを施工します。
一般的な、アスファルトシートでは無く、改質アスファルトのシートです。

 

このシートは何層かで構成されていて、耐水性も高く、対破断性能も優れています。
防水シートの施工後、軒先や袖のガルバリウム鋼板部材を取り付けて、ファイバーグラスの屋根材を施工します。

 

上、写真でも確認出来ますが屋根と壁との接合部分の処理が当社の特徴です。
詳しくは、次のブログでお知らせします。

最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.05.28

    神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.05.21

    神奈川県横浜市泉区で玄関屋根からの雨漏りの修繕改修工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2021.05.14

    神奈川県横浜市港南区で鋼板屋根からの雨漏りの修理葺き替え工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080