神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修理工事

2020.05.30

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修理です。カバー工法では、確認出来ない屋根の下地の腐食部分を撤去して木下地を補修して構造用合板を貼ります。ここまで出来れば安心です。場所によっては歩いていると穴が空いてしまいそうな程、腐食していたので本当に神経を使う工事でした。この家と同じ様な状態の屋根が、まだ他にも存在して居るかと思うとゾッとします。本当にカバー工法は怖い。それを勧める業者も怖い。

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修理工事

2020.05.16

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修理工事です。鋼板屋根の下に隠れていたスレート瓦を剥がしてみると、やはり大変な事になっていました。長年の雨水の浸水で野地板が完全に腐ってしまっている部分が何箇所か有りました。当初から雨漏りが発生しているのに原因をキチンと確認もしないで安易にカバー工法を施工した結果です。この様な下地の状況では、いくら鋼板屋根が長持ちすると言っても釘も効いていないので台風などで屋根材が飛んでしまう事も考えられます。ある日突然に腐食した屋根の木下地が裏側から剥がれて室内に落ちる事も有るかも知れません。本当に危険です。当社でカバー工法を施工しない理由です。とりあえず腐食した野地板を全て撤去して、不陸調整の木桟を敷き新規に野地の構造用合板が貼れる状態にします。

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りの修理工事

2020.05.01

神奈川県横浜市金沢区で鋼板屋根からの雨漏りです。二階の天井から雨漏りがするとの連絡を頂き、原調に伺いました。屋根に上がってみると2寸5分くらいの緩い勾配に鋼板屋根を施工していました。また、お客様の話では元の屋根はスレート葺きで、剥がさずにその上に鋼板屋根を施工したとの事でした。この屋根の緩い勾配では、スレート屋根でも鋼板屋根でも無理が有ります。その上、カバー工法なので雨漏りの箇所も原因も上からでは解りません。何でカバー工法が存在するのか、甚だ疑問です。お客様に状況を説明して、御納得頂き屋根の吹き替え工事を施工する事になりました。勿論、鋼板屋根もその下のスレート屋根も全て剥がします。上の鋼板屋根を剥がしてみると、勾配が緩い為か中に水が廻り下の発泡シートがシミだらけです。発泡シートを剥がすと下の古いスレート瓦はビショビショに濡れています。カビも生えています。カバー工法の場合、雨漏りが始まると上の屋根材と下の古い屋根材の間に入った雨水はいつまで乾く事が無く屋根の木下地を痛めます。家にとっては、最悪の状態です。金額などの問題もあるかもですが、後々の事を考えるとやはりカバー工法は勧められません。しかもどんなに軽い屋根材を使用しても、古い屋根材はそのままなので、荷重が増え家の負担にもなります。

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080