雨漏り施工実績

【4/26更新】神奈川県横浜市戸塚区で事務所の屋根からの雨漏りの修繕工事

2022.04.26
こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

今回は横浜市戸塚区で事務所の屋根からの雨漏りの修繕工事です。

【お問い合わせ内容】
「会社の事務所に使っているコンテナから雨漏りがして困っている。」
と、以前にご自宅の屋根の雨漏りの修理をさせていただいたお客様から連絡がありました。「木造住宅では無くコンテナなんだけど直せますか?」と心配されておりましたが、「勿論です。」とお答えし現調に伺いました。


【現地調査】
まずは内部の状況の確認です。
天井から雨水が滴り、クロスが剥がれかけています。電源のコンセントも近くにあるので漏電も心配です。

次は屋根に上がり、雨漏りの原因の確認をします。屋根全体はこんな状況です。
 

四角いコンテナの屋根なので勾配は殆どなく、鉄板の波板を使用しています。
雨漏りが発生している天井の真上の周辺を確認すると、下の写真のように鉄板が腐食して穴が空いていました。
 
この症状は勾配が少ない為に雨水の切れが悪く、軒先に雨水が残りやすいので錆が進んだと思われます。同様の理由で、鉄板の波板の継ぎ目部分も腐食が進んでいました。
   

お客様もこの状況はご存じでしたが、このような場合の修理をコンテナ会社に頼むと、
・屋根の酸素切断
・新規の屋根鉄板の溶接
・内装の天井の造り替え
・その他の付帯工事
などなどで驚くほどの金額になるケースが多く、状態が悪いとコンテナの取り替えの半額近くになる事もあるため、今まで悩まれていたとのことでした。

今回は、少しでも金額を抑え、後々も雨漏りの心配のないように、カバー工法を提案しました。
軒先や継ぎ目部分に腐食はありますが、両袖は丈夫なH鋼が設置してあり、鉄板波板の厚みも充分なの強度も問題ありません。
お客様にご説明をし了承していただいたところで作業開始です。

【対策工事】
まずは、木下地を既存の鉄板屋根にビス留めします。
鉄板波板部分は、セルフドリルビスを直に施工出来ますが、両袖のH鋼は厚みがあるのでドリルで下穴を空けてからビス留めします。施工中の写真が無いのですが、下から450㎜のピッチでビス留めします。
 

木下地が完成したら、ガルバリウム鋼板の波板を施工します。
これも施工中の写真がないのですが、勾配が極端に少ないので、安全の為に縦横の重ねの部分には予めシーリング材を装填しています。仕上がりはこんな感じです。
 
出入口の屋根やテラス屋根との干渉部分はシーリング処理をして

 
完成です。

勾配が少ない為多少の雨水が残る可能性はありますが、ガルバリウム鋼板なので錆や腐食の心配はありません。
お客様も綺麗で明るくなって良かったと喜んでくださいました。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。
【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。


最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.06.15

    【6/15更新】神奈川県横浜市南区で出窓からの雨漏りの修理工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.31

    【5/31更新】神奈川県横浜市神奈川区で外壁からの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.16

    【5/16更新】神奈川県横浜市港北区でベランダからの雨漏りの修繕工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080