雨漏り施工実績

【12/9更新 横浜市鶴見区での雨漏りの修理事例】1階の瓦屋根からの雨漏りの修繕改修工事

2021.12.09
こんにちは!
横浜市や藤沢市で雨漏り修理や屋根工事を請け負う雨漏りバスターズの村上です。

【お問い合わせ内容】
「1階の洋間の天井のクロスの継ぎ目から雨水が落ちてきた。」
との連絡をいただき、現調に伺いました。

お客様が雨漏りのしていた箇所をテープで補修していましたので、位置の確認がスムーズにできました。
天井の位置から推測すると1階の切妻屋根の袖の部分が怪しい感じでした。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】室内天井の雨漏り箇所

【現地調査】
早速、屋根に上がって確認をしました。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】現地調査の様子①

雨漏りのしている天井上も気になりましたが、同じ並びの軒先を見て違和感を感じました。
何となく瓦の並びが悪くなっているようです。
軒先に近い瓦を試しに剥がしてみると、大変なことになっていました。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の下の腐食

袖瓦から侵入した雨水で屋根の野地が腐食して穴が開きそうな状態です。
室内の雨漏りがあの程度で済んでいるのが不思議なくらい長年に亘り雨水が侵入していたようです。

お客様も写真で確認し大変驚いていました。
このままでは近いうちに屋根の下地に穴が開き、瓦が落ちてしまいます。
雨漏りだけではなく大けがの恐れがある状態で早急な対策が必要です。

瓦屋根は瓦本体がかなり重いので、本体自体の品質に問題が無くても屋根の下地が長年の重みでたわみ、瓦の重ね部分がズレたり隙間が大きくなり、そこから雨水が侵入し易くなり雨漏りを発生することがあります。

この様な屋根の下地がたわみ波打っている場合は屋根の下地を直し同じ瓦を葺くよりも、屋根下地に負担が少なく柔軟性のある屋根材に葺き替える事が最善です。

お客様には瓦を降ろし腐食した下地を補修後、屋根全体に構造用合板で補強しファイバーグラスの屋根材で葺き替える工事を提案しました。

【対策工事】
安全対策の作業足場を設置して屋根を始めます。
下の写真の様に瓦自体は陶器に近い材質なのでまだまだ問題の無く使用出来ますが、下地の状態や建物への負担を考えるとやはり葺き替えは必須です。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の状態③ 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の状態① 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の状態②

①瓦の撤去

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去作業 
瓦桟も撤去して長年の埃を清掃します。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去後の清掃 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去後の様子  【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去後の様子 

腐食した袖部分の屋根下地は、こんな感じです。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去後の様子 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】瓦の撤去後

②下地処理
腐食してしまった屋根垂木を取り替えて、屋根全体に構造用合板を貼ります。
手間は掛かりますが長いビスを使用して、古い野地板を貫通して屋根垂木に効かせるように留めます。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】下地の合板 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】下地の合板 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】下地の合板

このように全体に貼ります。
この施工で経年劣化と瓦の重みで弱くなった屋根下地の補強となり、新しく施工するファイバーグラスの屋根材もしっかり留める事が出来ます。

新しく貼った合板の上に防水シートを貼ります。
軒先から重ねを充分にとりながらたわみが出ないように貼ります。
今回は表面の防水性能と破断性能が高い改質アスファルトルーフィングを使用しました。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】アスファルトルーフィング 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】アスファルトルーフィング 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】アスファルトルーフィング

防水シートが貼り終われば雨が降っても雨漏りはしません。

③水切り部材の取付
次に袖と壁際の水切部材を取り付けます。
ガルバリウム鋼板製品です。
強風でも飛ばない様に側面と野地にしっかり留めます。
野地には引っ掛け金具を使用して、雨水の通り道に穴を開けない様にします。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】アスファルトルーフィング

壁際は今回の既存屋根材が瓦だったので、モルタル壁と野地との隙間が広く、立ち上がりの付いている形状の部材を使用しました。
取り付けの際に立ち上がり部分とモルタル壁との間にシーリング材を充填しています。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】アスファルトルーフィング

④新しい屋根材を葺く
水切部材の取り付けが終わり、ファイバーグラスの屋根を葺きます。

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け

軒先から両側の水切部材の中に差し込みながら葺き上げます。
最後に棟を取り付けて完成です。

【完成】

【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け

屋根の切り替え部分もファイバーグラスの屋根の柔軟性を活かして綺麗に仕上がりました。
【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け 【横浜市保土ヶ谷区での雨漏りの修理】新しい屋根材の葺き付け

ファイバーグラスの屋根材は質感もあり、瓦屋根からの改修でも見劣りする事はなく、むしろ建物がより上質な住まいになったように見えます。

【雨漏りや屋根のことでお困りの方】
雨漏りバスターズは横浜市や藤沢市を中心に35年雨漏り修理や屋根工事を請け負っています。
大工出身の私たちだからこそできる技術でその場しのぎではない、”2度と雨漏りしない屋根”に直します。
ぜひ一度当社へご相談ください。まずはお電話でお話を聞き、現地調査→原因と対策工事をご案内→お見積りご提示をし、ご納得いただいてからの工事になります。

【問い合わせの流れ】横浜で雨漏り修理なら雨漏りバスターズ

お電話:0120-965-696/090-3525-1001
お問い合わせフォーム

無理な勧誘などはしておりませんので、どうぞ安心してご相談ください。

最新記事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.16

    【5/16更新】神奈川県横浜市港北区でベランダからの雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.05.09

    【5/9更新】神奈川県横浜市神奈川区での雨漏りの修繕工事

  • 神奈川県 横浜市 雨漏り リフォーム 雨漏りバスターズ

    New

    2022.04.26

    【4/26更新】神奈川県横浜市戸塚区で事務所の屋根からの雨漏りの修繕工事

アーカイブ

お問い合わせ

横浜で雨漏り・屋根工事を行う
雨漏りバスターズは、おうちの
リフォームまで幅広く対応!

代表携帯番号 TEL:090-3525-1001

お気軽にお電話ください!

045-820-3080